26/09/2021
Breaking News

円満退職も転職成功のポイントになる

転職するなら当然、以前の会社を退職する必要があります。それまで勤めていた会社を辞めて転職をする時に気を付けなくてはいけないのが退職の方法です。退職すればもう関わることはないと礼儀を欠いた辞め方をしてしまう人もいるようです。しかし、こうした自己中心的な行動は転職に悪い影響が出ることもあって、その一つが個人への評価です。

給料を始めとした雇用に対する不満で同じ業界の待遇が良い会社に転職をした場合、人伝に情報が流れることもあります。周囲に迷惑を掛けて辞めたという情報が流れたことで、新しい会社でトラブルメーカーというイメージを持たれてしまうケースは少なくありません。わだかまりを作らずに円満退職をしておけば、その後も関係を持ち続けてお互いに情報交換をしたり仕事として再び関係を持つことも可能です。

円満退職は面接の結果にも影響が出ることがあります。転職して新しい会社に入る際によく企業で質問される一つに、退職に至った経緯があります。双方が納得する形で退職できるような行動が取れていれば、ビジネスマンとしてだけでなく人間性の部分でも高く評価してもらうことができます。逆に退職した理由や行動に問題があると、自分の会社でも同じことを繰り返すのではないかという悪い印象を持たれかねません。例えそれまで関わりの無い業界に就職をする場合でも、退職でトラブルを起こせば後味の悪さでモチベーションが低下するなど不都合なことは起こります。転職を成功させたいのであれば、円満退職ができるようにしっかりと準備をして正しい手順を踏むことが大切です。